【G-Funk】 Richtown

G-Funk

今回のご紹介は

カリフォルニア州コントラコスタ郡はリッチモンドから

ギャングスタラップデュオ

Kloake N Dagga の一曲

Richtown

1997年に Makk Records からリリースで

おそらく彼らのデビューアルバムにしてラストアルバム

Kloake N Dagga 」 収録

高値で取引されているアルバムですね。

値段が高騰するのも納得の一枚です。

サンプリングに

The Crusaders – Street Life を使用

間違い無いですよね。

冒頭から

ベテラン声の女性シンガーによる歌声

たまらんす。

ラップは

早めで終始たたみかけるスタイル。

フックは

再度女性シンガーによるオンステージ。

とにかく

トラックのピアノが

ジャジーかつファンキーで美しい。

曲の終盤も

女性シンガーに託しています。

めちゃくちゃ良いですよ。

締めくくりの 「Oh!

実に気持ちいい。

この一曲の為だけに購入しても良いと思います。

サンプリングの選曲に対して

ラップとコーラスがハマりにハマった

マイナーギャングスタラップの名曲ですね。

マニアはスルー厳禁な一曲です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました