【G-Funk】 Ride-4-Ever

G-Funk

今回のご紹介は

カリフォルニア州サクラメント出身で

2020年に亡くなったラッパー

Homicide の一曲

Ride-4-Ever

1999年に Private I Records / Mercury Records からのリリース

The Plantation」 収録

WC や Celly Cell などの協力を得た一枚で

SAC Town のベテランとして放たれた良盤ですね。

そんな中からの一曲ですが

トラックには

Con Funk Shun – If You’re In Need Of Love

この曲をサンプリングしています。

元ネタよりもピッチを落として

ファンク色を控えめにしながら

哀愁を感じさせるトラックは

最高の一言に尽きます。

フックは

渋くて控えめな女性シンガーの歌声が

とにかく格好良いですね。

残念な点とすれば

ラップの声と展開はそれなりかなと。

でも

聴きやすいですしスムースなのは間違いない。

アルバム全体の流れの中で光る一曲かなと。

ベテランならではのネタ使いと

そつない感じが秀逸なギャングスタファンクですね。


今回ご紹介の楽曲の購入はこちらから


コメント

タイトルとURLをコピーしました