【G-Funk】 The Weed

G-Funk

今回のご紹介は

ミネソタ州はミネアポリス出身の

ギャングスタラッパー

Realite の一曲

The Weed

1996年に Epitome Entertainment からリリースのアルバム

Realite」 収録

Phunky Phat Graph-X によるジャケで

彼の唯一のアルバムですね。

そんな中からの一曲

ブリついたベースライン上を

お洒落で踊るような低音ピアノと

徐々に音階を上げていくシンセが絡み合うことで

悪さの中にも軽快さを感じさせてくれるトラックに。

ラップも男らしさが溢れて

トラックにバッチリ合っていますね。

フックもトラックに合わせて

低音で渋く歌い上げる男性シンガーの仕事が光ります。

古き良き時代のギャングスタファンクナンバーが

ぎっしりと詰まったレア盤からの

ちょっぴり悪めな一曲です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました