【G-Funk】 Wheatstraw

G-Funk

今回のご紹介は

カリフォルニア州ヴァレーホから

P-Reek の一曲

Wheatstraw】 feat. Da Unda Dogg

2001年に Triple Crown Entertainment からリリースのアルバム

A.K.A. Petey Wheatstraw : Vol. 1」 収録

ジャケ買い必至のやつですね。

素晴らしいデザインに脱帽です。

このアルバム良曲多数なので

機会があれば他の曲もご紹介できればと思っています。

そんな中からの一曲ですが

Ludwig van Beethoven – Für Elise を大胆に使用

カッコつけてみましたが

ベートーヴェン – エリーゼのために 使いです。

すみません….。

そんな多くの人が耳馴染みのあるクラシック曲を

効果的に使用したトラックが印象的。

ラップは

正直

可でもなく不可でもなくって感じですかね…。

ただ

ちょっとだけ勢いはあります(笑)

しかしながら

ベートーヴェンの偉大さにすがった一曲感は否めず

ネタとしてお聴きいただければと思います。

完全マニアックな一曲ですね。

ちなみにこの曲

フィーチャリングの Da Unda Dogg 名義で

DubeeMac Dre などが参加した

アルバム

Da Blocumentary Soundtrack」 に

Petey Wheatstraw】 として

収録もされています。


同じエリーゼのためにを使用した楽曲

Nas – I Can には到底及ばないのでご注意を!!!

名曲なので

比較対象にもなりませんね(笑)


最後に余談として

ベートーヴェンの楽曲

交響曲第五番 「運命」 を

大胆に使った事でも有名な

A+ ‎– Enjoy Yourself

たまに聴きたくなるんだよなぁ。

一発屋なんて言われることも多いですが

一発でも当てられるのがすごい事だと思います。


今回ご紹介の楽曲の購入はこちらから


コメント

タイトルとURLをコピーしました