【G-Funk】 Mackin’ Is a Must

G-Funk

今回のご紹介は

カリフォルニア州サンフランシスコのラッパー

Double D の一曲

Mackin’ Is a Must

1996年に Eddy Street Records からリリースのアルバム

Think About It」 収録

シンプルなクエスチョンマークのジャケットがとても印象的ですよね。

そんなアルバムからの一曲なのですが

サンプリングに

Luther Vandross – Never Too Much を使用

トラックはもろ Never Too Much まんま使い。

曲の冒頭は男性シンガーによるソウルフルな歌声で開幕。

ラップはクセが無く軽快に展開されていきます。

フックは再度男性シンガーが登場。

曲の終盤も男性シンガーが締めくくります。

Double D よりもシンガーの方が目立っているような気がします….。

正直に言ってしまえば

目立って良いところは無いかもしれません。

ネタ好きな人には聴いていただきたいマニア向けな一曲ですね。


今回ご紹介の楽曲の購入はこちらから


コメント

タイトルとURLをコピーしました