【G-Funk】 Strait Playn’

G-Funk

今回のご紹介は

NBAのバスケットボールチーム

ロサンゼルスレイカーズで

コービーブライアントと共に一つの時代を作った

バスケットボールプレイヤー

シャックの愛称でお馴染み

Shaquille O’Neal の一曲

Strait Playn’

1996年 T.W.IsM. Records からのリリースで

彼のサードアルバム

You Can’t Stop the Reign」 収録

プロデューサーに DJ Quik を迎えた楽曲で

Quik が奏でる G-Funk ビートに

バスケットのプレイスタイルそのままの

力強いシャックのラップが乗り

トークボックスも絡むという極上な仕上がりになっています。

個人的には

I Love the Westside, It’s Time to Party

から始まるトークボックスがめちゃめちゃ好きです。

フロアキラーな一曲でもありますね。


今回ご紹介の楽曲の購入はこちらから


コメント

タイトルとURLをコピーしました